前へ
次へ

実家から顕微鏡をもってきました

子供の教育のために実家から顕微鏡を持ってきました。
けっこう本格的な顕微鏡で、子供の頃に私はそれであらゆる物を観察した思い出があります。
そのおかげか理科の成績だけが異常によい子供に仕上がり、そのまま大学も理学部へ入学して今に至ります。
学者になる気持ちはなかったので無難な企業へ就職しましたが、理科の知識は今の仕事でも役立っています。
実家から持ってきた顕微鏡を子供に与えると喜んでいました。
私と同じようにいろんなものを見ています。
「池とかから水を持ってきて見るといろんな生物が見えるぞ」などと吹き込んだので、庭の小さい池からよく水をくんできて観察しているようです。
妻は家の中が汚れるといい顔はしていませんが、思ったよりも生物の観察に興味を持っているようなのでうれしいです。
好きこそものの上手なれではありませんが、興味を持った分野の勉強をするのが一番なので、私と同じように理科などが好きになってくれたらうれしいです。

Page Top