前へ
次へ

教育する時は自己満足で終わらないようにする

誰かを教育する時には、自己満足で終わらないように注意します。
例えば新人に仕事を教える時に自分が教えたことを習得しているのかをまともに確認しないで、自分のペースだけで教えるとあまり良くないです。
この場合、自分はしっかりと教えたから自分の教え方には問題はないと思っている人が多いですが、それはただの自己満足に過ぎないです。
いくらこちらが問題なく教育したとしても教えた相手が教えたことをすべて理解しているとは限らないです。
もしかしたらあまり理解できていない事もあるのでそのままだと教育の成果が表れないです。
そこで、教育する時には自分が教育する人がしっかりと理解しているのかを小まめに確認しながら教育していきます。
こちらが教えた事を確実に身に付けているのかを確認しながら教育していくと最終的にしっかりと身に付きます。
つまり、教育した事によってその人が仕事で良い成果を上げてくれる可能性が高いのでプラスに働きます。

Page Top