前へ
次へ

読書により文章を読むことに慣れておく

子供のころに読書感想文が夏休みの宿題に出されることがあります。
自由研究と並んで子供の嫌な宿題の一つですが、理由の一つは本を読まないといけないことが挙げられるでしょう。
そして自分で感想を考えてそれを文章にするのも大変な作業です。
どちらにしてもまず本を読まないとその先に進めません。
普段から読書をしている人は読書感想文用の本を探すのも苦労しませんし、多少分厚い本でも数日あれば読んでしまうでしょう。
本にはそれぞれ意味があるので何となく感想も持つでしょうから後はそれを文章にすれば読書感想文が完成します。
一方慣れていない人は本探しからかなり苦労します。
子供のころはいやいや本を読んで読書感想文を書きますが、将来大人になって社会人になればいろいろな文章を読む必要が出てきて自分の意見を言わなくてはいけません。
読書感想文はその訓練ともいえるでしょう。
まずは本を読むことで文章になれるようにしないといけないでしょう。

Page Top